以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折にマンションを購入することができ、引っ越すことにしました。
さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。そうしたら、高い値段ではなかったものの、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。見積もりを出してもらった段階で追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。
引っ越しは一つの転機であり、ライフスタイルに関わる様々なことを見直すことが必然ですが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。
もし、引っ越し先でテレビがないとすればどう考えても受信料を払う必要はありません。まず、引き落としされていれば中断して、NHKに解約を申し出ることをぜひ検討してください。独身時での引っ越しは、大きな電化製品や家具もなく、業者に頼むことなくできていました。
だけど、結婚してから引っ越しを行うとなると、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電がたくさんになり、とても大掛かりとなるため、業者にお願いをしました。引っ越し業者に頼むと、家電の設置までしてくれるので、ラクにできました。マイホームに転居した際には、隣家に挨拶しに行きました。
ちょっとしたお菓子を買い込み、のしをつけぬまま届けました。最初の経験だったので、多少緊張しました、マイホームというものはこの先定住するところなので、お隣さんたちとは、仲良く気分のよい生活していきたいと思って挨拶に席を外したのです。
大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷がつかないような工夫をしたいところです。せっかくの新居ということで新品の家具などを購入したりした時は、市販の緩衝材などもふんだんに使って用心深く運ぶようにしたいものです。新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、とても損した気分になりそうです。
近頃では、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった習慣が、一昔前からありました。
由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、細く長くお付き合いを致しましょうと縁起をかつぐ意味合いと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですとダジャレも仕込んで新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えて初日からぜひ、インターネットも問題なく使えるようにしておきたいところです。
プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのならこの機会に解約を考えてみましょう。でも、今のままで問題がない、満足している、という時は、そのままプロバイダ契約は続行して引き続き利用できるよう移転手続きを行いますが、ネット環境の都合で古いプロバイダとの契約を続けられないこともありますので、注意しましょう。ただし、引越し先のネット環境によっては開通工事などの必要も出てきます。
転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。大がかりな引っ越しをするときには、当日はやるべきことに追われてしまい、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、事前準備ができそうなことは終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことをどんなことにも優先して終わらせておき、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは荷物の中でも目立つようにして、取り出しやすくしておくことも大事です。引越しでのエアコンの外し方が一向にわかりませんでした。
友人に尋ねると、自分でするなんて絶対にできないと言われたのです。なので、エアコン取り付け業者に連絡して、引越し先で使えるように、取り外しの作業をお願いしたのです。
とても容易にしていて、本当に脱帽する重いでした。
就職したのを機に、10年ほど前に現在住んでいるアパートに引っ越しました。引っ越してきたときは、3年くらいで実家に戻るつもりだったので、実家に住民票を置いたままにしていました。
けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞めるタイミングが見つからず、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。いよいよ引っ越し、という時に運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。そういうことであれば自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。
やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、もし何か問題が起こった時には梱包作業をした業者がその責任をとり弁償するケースもあるためです。この間の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。
荷物の移動が一段落したところで、住民票の移動も済ませました。
どうしてもばたばたするものですが、何人もの方が協力してくださり、嬉しい誤算でした。
どうにか当日中にご近所に挨拶して、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。
引っ越しそのものについては実は嫌いではないのですが、国民健康保険等の住所変更のために、市役所へ行き、いろんな手続きを毎回する必要があるところが、めんどくさいなあと感じます。こういう諸々の手続きも、インターネット上からアクセスしてささっと家で済ませられるようになれば凄く助かるのに、と思います。引っ越しの際に、洋服が衣装ケースに入れられていると大変楽に持ち運びができます。
僕のお勧めは透明でプラスチックの衣装ケースです。これなら、中身が見えるので非常に便利です。
引っ越しを行うと、しばらく荷物がどこに何が入っているのか分からなくなったりもしますが、衣装ケースを使用すると、そんな心配がなくせます。
引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、当然、不要品が出てきます。処分するだけでも疲れてしまいますね。
ぜひ覚えておいてほしいのは、不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。
一部のものは、引っ越し業者が粗大ゴミとして有料で処分するものをリサイクルなどの扱いで無料回収を行うところもあるので引っ越し業者に聞いてみてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>